経験0から漫画家に!記事を伝わるフルカラー漫画にした4ヶ月の成長記録【添削内容&構想メモ公開】

 

 

こんにちは、おみそちゃん(@yuuki_omisoです

 

私は5か月に渡り、クレメアさん(@cremea_tw)のnote「世界観の作り方」を漫画化してきました

 

それを4コマせかつくと名付けて3日に1話のペースで更新してきました

 

この記事では

 

・まともに漫画を描いたことのなかった私がなぜクレメアさんの世界観の作り方を漫画化することになったのか

・漫画を公開するまでにクレメアさんにどんな添削を受けていたのか

 

 

そういった4コマせかつくの裏の部分を公開します

 

オススメなのはこんな人

・添削内容が気になる人
・漫画化のきっかけが気になる人
・自分の好きなことがわからない人
・自分のやりたいことがわからない人

・経験0からどう成長したか気になる人
・どうして漫画を描き始めたのか気になる人

 

最初にサクッと世界観の作り方を漫画化した理由を述べておきますと

クレメアさんが大好きだからです

 

スポンサードリンク

はじめに

私のことを簡単に紹介させていただきますね

 

私は超絶めんどくさがりで、何でもやらなくていい方へ物事を運びたがる20代の人妻です

おみそちゃん
日々の料理は旦那に任せることに成功しました

 

そんな私が仕事をしながら

3日に1回の更新を3か月続けてきた

「世界観の作り方」を漫画化したのが「4コマせかつく」です

 

※4か月目からは、
毎週金曜日の更新になっています

 

読んだ方の声を少し紹介します

ありがたいことにわかりやすいとのお声をいただいています

 

その4コマせかつくが

どんなきっかけで作られることになったのか

どんな過程を経てできているのか

メモや添削のようすを公開します!!!

 

スポンサードリンク

4コマせかつくの漫画化が決まるまで

2018.10.27

クレメアをブランディングしよう

クレメアさんの存在を知ってクレメアサロンに入ってから1か月ほど経った日のこと

 

声フェチな私はイケボなクレメアさんにぞっこん

 

サロンの中でもクレメアマニアとしてキャラを確立していました

 

そのクレメアさんが自らをブランディングしたいと言い出しました

私はすぐにイラスト描くよ!と宣言しました

 

とりあえず自分の出来ることで役に立とうとしたのです

 

するとクレメアさん

クレメアさん
漫画とか描けないの?
おみそちゃん
描きます!!!(即答)

 

小学生の頃に趣味でしか描いたことがないのによく言ったものですw

 

そしてどのくらい描けるのかということで描いたのがこちら

30分くらいでノートに描きました

もう少し描いてみようということで

 

その後クレメアサロン3期生募集漫画を描きました

 

4コマの枠線を印刷した紙にシャーペンで描き、surfaceで写真を撮って取り込み、メディバンペイントで色を付けました

制作時間は2時間くらい

 

サロンラジオのレポ漫画も描きました

先ほどと違うのは

・ボールペンで清書をしたこと

・文字を部分的に打ち込んだこと

 

この時

いちげ氏サロン3期生にもなっていた私は、いちげ氏に講評をお願いしました

 

いちげ氏は

・内容がその場にいた人しかわからないから外の人向けに書こう

・クレメアサロンを1から紹介する漫画とかでもいいかも

とアドバイスしてくれました

おみそちゃん
確かに内輪ネタが過ぎる

 

そんな中、クレメアさんが

・クレメアサロンはいつまで続くかわからない
(クレメアさんのやる気の問題)

・世界観の漫画とかの方が寿命長い気がする

・描いて

と言いました

 

これは描くしかない!!!!!

描いたらイケボで褒めてもらえる!!!)

 

こうして私は

クレメアさん好き好き~!というだけで

世界観の作り方を漫画化することになりました

 

4コマせかつくができるまで

2018.11.10

添削開始!

全部デジタルで描くと決めて、まず1話を描きました

未公開の第1話がこちらです

これをクレメアサロンメンバー、いちげしに見てもらったところ

・クレメアは無理に人型にしなくても
マークのままでいい

・最後は素直に驚くおみそちゃんでいいのでは

とのことでした

 

言われたことを直して

記念すべき1話が完成しました

1話描いてみて

 

本当は完成する前に内容を確認させてもらいたいけど、クレメアさんに毎回聞くのもなあ…

 

と思っていたら

 

クレメアさん
わかりにくい箇所があったら、書き込む前の段階で構想を教えて

 

とクレメアさんから言ってくれました!

 

おみそちゃん
その辺どうしたらいいのか迷ってたんだよー!
言ってくれてありがとー!!!すき!!!!!

 

こうして添削してもらうことになりました

※クレメアサロンは敬語禁止でした

 

2018.11.12~

プロットで添削

クレメアさんが提案してくれたフォーマットに沿ってプロットをつくり、それを見てもらうことに

 

実際に送ったプロットがこちら

制作時間は2時間

※おみそちゃん→「み」

クレメアさん→「ク」

 

「自分の存在を証明するには」

1コマ目
仮想世界では自分の言葉で自分の存在が証明できない。自称になってしまう。
み「この問題はどうしたらいいの?」
ク「他人に証明してもらえばいい」
み「はい?」

2コマ目
ク「フォロワー(他人からの信用)によって存在が認められるんだ」
(フォロワーの多い少ない、存在の証明の有無の図解)
み「ああ…」

3コマ目
ク「つまり、仮想世界では他人に認められてない人に価値はない!」

4コマ目
み「残酷な事実だ…」
ク「魅力的な世界観を作って、仮想世界の自分を確かなものにしよう」

 

 

これに対してのクレメアさんのコメント

クレメアさん
フォロワー数は大事だけど、フォロワー数が少なくても良い場合もあるから、それを誤解されないよう伝えたいな

 

う~~~ん

フォロワーが少なくても良い場合って

イメージしづらい…

 

説明をいろいろしてもらって…

うわああああああああ

 

「おみそちゃんの脳がアップデートされてきてるのを感じる」

 

めっっっっっちゃ嬉しかったです

 

クレメアさんの賢さも好きなポイントの一つ

 

そのクレメアさんにちょっとだけ認めてもらえた瞬間でした

 

この時の漫画がこちら

制作時間は5時間

バーンと図を入れました

 

2018.12.20~

プロット&ネームで添削

世界観の作り方に対する理解も深まってきた頃

クレメアさん
添削の仕方を変えよう

 

今のままでは私1人で

漫画のプロットをつくる力が身につかないから

客観的に起承転結を説明できるプロットを

作れるようになりましょう

とのことでした

 

えっ…

たしかに私1人で出来るように自立しなきゃいけないよね…

クレメアさんとの共同作業がなくなるのはさみしい…

 

いや、クレメアさんに認めてもらうには自立しなきゃいけない

 

がんばろう…

んばれ私!!!(泣)

 

と自分で尻をたたいて

 

作ったプロット兼ネームがこちら

プロットのみだった時と違ってフォーマットもないので、考えて形にするまで6時間かかりました

クレメアさん
今までのは何だったのw

普通にこれわかりやすくて面白いなw

 

やったーーーーーー!!!

今までの添削の居心地の良さを断ちきって、頑張った甲斐があった!!!

 

このくらいから

自分の考えをクレメアさんに出しても一蹴されずに受け止めてもらえる

と心でも理解出来て

 

添削中に自分から「こうしたら適切な表現になるかな?」と提案したり、だいたいはOKと言われてもそれじゃダメだ!ともう一度見てもらったりできるくらいになりました!

 

この頃もまだプロット兼ネームを描くのにはまだ3時間くらいかかっていましたが、ほぼ修正なしでOKがでるようになりました!!!

 

11月10日から開始して26話を終えた時点で気づいたこと

漫画を通した自己理解

4コマせかつくの中で

たびたび描いていた図解が楽しかったことに気づきました

 

図解のあった回

なぜ図解が楽しく感じたんだろう?

考えてみると4つ浮かびました

 

① 絵を伝える手段として使っていた

今思えば、私は小さい頃から何かを伝えるための手段として絵を描いていました

 

おみそちゃん
この感じを伝えたい~~

言葉にできない~

絵にする~~~

 

私にとって絵は、好きで描いてるというより伝えるための手段だったんですね

もちろんきらいな訳ではありませんが

 

② まとめるのが得意だった

学生時代はテストの点を取るのをゲームの攻略みたいに思ってました

 

だから授業では後で自分が見返した時に分かるようにノートをまとめていたんです

 

そしたらいつの間にかまとめるのが得意になっていて、ノート提出の時にはよく先生に紹介してもらえていました

 

ちなみにクレメアさんの有料noteも自分で見てわかるようにまとめています

 

有料noteのまとめはお見せできないので、参考程度に心理学を勉強していた時のノートを載せておきます

 

③ 0から1にする発想がない

クリエイターにあるまじき弱点のような気もしますが

図工の時間に自由に作品をつくりましょう

と言われると絶望を感じるタイプでした

 

だからジャンプやマガジンで連載している漫画家さんみたいに自分でストーリーを考えて描くのは苦手です

 

でも元のネタがあればそこから発想するのは楽しい!

 

④ 人のためなら頑張れる

自分のためだとなかなか頑張れないんですよね

でも誰かのためだと頑張れる

 

初めてpolcaをした時も、実績作りのためにイラストを描かせてくださいって言いました

 

私のために貴重なお金を使ってくださった方に恩返しという形で頑張りたかったのです

 

4か月間も漫画を描き続けてこれたのもクレメアさんがいたからだと思います

 

あと、はっきり確信しているわけではないですが、仕事で小学生を相手にしているのでわかりやすく噛みくだくのは

得意かもしれないなあと思いました

 

やってみてわかることって多いですね

 

何もなかった私にできた将来の夢

私はもともと

好きなこともない

やりたいこともわからない

もちろん将来の夢もない!

 

なのに夢ができたんです!

イラストや漫画で誰かを助けていきたい!!!

依頼してくれた方には150%の力で応じたい!!!

あと、クレメアさんが「マンガ描いてほしいからおみそちゃんに頼もう」ってなるくらいになりたい!!!

 

私みたいに自分に自信もないしやりたいことがわからないって人は、今できることが絶対あるのでその能力で誰かのために頑張ってみてください

きっと何かが見つかります

 

おまけ

クレメアさんが好きすぎるエピソードを紹介しますw

①ひぜかみ氏にデザインをしてもらいポーチを作りました

②ツイートを漫画化しました

③会いに行きました

レポ漫画を制作中です!

 

さいごに

私はほんとに自信がなくて、旦那にメンタル面をケアされてようやく生きてるような人間でした

 

でもクレメアさんは、決してけなしたりせずにちゃんと私と向き合ってくれました

 

サロンで知り合ったみんなもまっすぐ私のことを見てくれました

 

その土台があって、惰性で無気力な日々を過ごしていた私が頑張ることを覚えました

 

私の存在を認知してくれた方々には感謝してもしきれません

ありがとうございます

 

この記事を読んでくれたあなたも私を見つけてくれてありがとうございます

 

よかったらツイッターもフォローしてくださいね